2011年03月15日

米粉とリンゴ

庭に生えていたふきのとうを天ぷらにして食べました。

初物です。

ちょっと揚げすぎてしまったけれど、やはりこの時期ならではの美味しさです。

ついでに揚げてみたのがリンゴ。

blog110315.jpg

リンゴに衣をつけて揚げるのはけっこうポピュラーですが、

この衣は普通とはちと違う。

米粉入りなのです。

米粉と小麦粉少し、あとは卵と水だけです。

小麦粉だけのより、軽い食感に仕上がります。

米粉を使った料理をいろいろ見かけるようになりましたが、うちでもよく使っています。

安いものではないので、たくさんは使えませんが、いろんな料理に少し使うと、風味が数段よくなったりします。

昨日はベーコンとキャベツのクリームパスタでしたが

クリームソースは市販のものや、小麦粉とバター・牛乳で作ったものではなく、

バター・牛乳に米粉を加えて作りました。

ともすれば、くどくなりがちなクリームパスタも、あっさりした食べやすい味になります。

ダマにもなりにくいです。



話は変わりますが、普段、TVをあまり見ない私も、さすがに今回の地震のニュースは時々チェックしています。

車や家が流される様子など、すさまじいものでしたが、仕事がら、田んぼや畑が津波に襲われるさまはとりわけショックでした。

まだ田植えはされていないものの、トラクターで耕してある田んぼや、野菜のハウス、畝にトンネルをかけた畑などが、

次々と濁流に飲み込まれていく映像を見て、やりきれない気持ちになりました。

あの田畑はいつか元に戻るのでしょうか。

先日、買ってきた堆肥。

一度出荷に使われた後、再利用された米袋に詰めて持ってくるのですが、袋には「福島産 JAそうま」と書かれていました。

相馬市といえば、被害が大きかった地域のひとつです。

堆肥を空けながら胸が痛みました。


こうして季節に応じた材料で料理したものを食べられること、

月並みですが、当たり前のことをできることが恵まれているのだなぁ、と思わされます。













posted by 鶴岡農園 at 21:46| その他