2011年12月23日

冬ごもりのお知らせ

ここ、飯綱町も毎日のように雪が降るようになり、いよいよ冬本番です。

鶴岡農園のホームページとブログも冬眠に入らせていただきます。


毎年、栽培している果実の出来には傾向があります。

今年でいうと、「ふじ」の場合、小ぶりでミツ入りは上々、酸味はやや強め、尻サビが多く、ツル割れは少なくて青味果が多い。
着色のよいものと悪いものの差が極端・・・・

といったところです。

そしてこの傾向はうちだけではなく、このあたり(飯綱町倉井地区)全体に言えることです。

おのおの畑はそれぞれ特徴があり、栽培者によって剪定も摘果も肥料や薬の使い方もそれぞれ個性があるにかかわらず、

全体としては同じような結果になる・・・

「周りはダメだったけど、うちはこういう工夫をしたから良かった」

なんて農家の談話が雑誌によく書いてありますが、実際には大きな違いはなかなか生まれ難い。

これは、農産物(特に果樹)の出来には気候の影響が大きく、人間の仕業が及ぼす影響などごくわずかであることを示しています。

いわずもがななことかも知れませんが、毎年実感するたび無力感を覚えます。

でも、「農業はお天道様次第だから・・・」

なんてお決まりの台詞に逃げたくはないので、

来年も諦めずに技術を磨き、工夫していきたいと思います。

また経営面においては新たなチャレンジを予定しているのでご期待ください。


それでは皆さん、よい年をお迎えください。

2012年の3月にお会いしましょう。
posted by 鶴岡農園 at 10:27| その他

2011年11月04日

車のヒューズが切れた

ワゴンRのメインヒューズが切れて、電気が通らなくなってしまったのを直しました。

農業とは関係ありませんが、どなたかのお役に立つことがあるかもしれないので書いておきます。

私も機械トラブルのときはよくネット情報を参照するので。

ヒューズが切れた原因はバッテリーの交換のときに間違えて+−を逆につけたことと思われます(バカですね)。

中古ヒューズを車屋さんで手に入れて交換したら、無事復活しました。

最初は通電しない原因がわからず、バッテリーの購入元に電話したりしちゃいました。

ワゴンR メインヒューズ

メインヒュースボックスは画像の位置にありました。
細かい電装系統のヒューズボックスはハンドル右下の足元です。

ワゴンR メインヒューズ

カバーを外したところです。

blog111104-3.jpg

こんなんです。70A。

blog111104-4.jpg

このとおり、切れています。

バッテリー交換の時に慎重にやっていれば余計な時間をとられずに済んだのに・・・


posted by 鶴岡農園 at 17:33| その他

2011年10月29日

一年間お疲れ様

blog111029-1.jpg

一年間、故障もなく働いてくれたスピードスプレーヤー「みかんちゃん」。
(みかんは作っていません。)

タンク内と全体を洗い、水の通る部分に不凍液を流して、冬ごもりの準備完了です。

あ、燃料も満タンにしなくちゃ。
posted by 鶴岡農園 at 17:40| その他

2011年10月27日

モミガラクン炭

blog111027-1.jpg

「葉摘み」はひと段落。
最初に葉摘みした園地の玉回しを行いました。

この地区、去年のふじは全体的にかなり小さかったので、今年は期待しましたが、
残念ながらまたしても小玉傾向のようです。

うちは着果量をしぼっているので、まだなんとか大きいものもありますが、
多く生らせた園地はかなり小さいようです。

しかも、途中で生長を止めてしまったような超小玉が目につきます。
うちだけかと思ったら、これまた地域的な症状のようです。
本摘果までは大丈夫だったのに・・・


blog111027-2.jpg

玉回しと平行して、モミガラクン炭づくりを行いました。

blog111027-3.jpg

いつも、モミガラがくすぶり続けて、灰になってしまう割合が多いので、
今年はしっかり水をかけて鎮火しました。

空気を遮断できるドラム缶などがあるとよいのですが、
うちは装備していません。
ので、水頼みです。

blog111027-4.jpg

上手にできました揺れるハート
posted by 鶴岡農園 at 19:08| その他

2011年09月25日

マメコバチのダニ除去

この記事には、人によってはかなりグロテスクに感じられる画像も含まれます。

食事が喉を通らなくなる危険性がありますので、弱い方は読まないでください。













この春、花の時期に飛んでいたマメコバチに多くのダニがたかっていたので、

ここいらでダニを除去してやることにしました。


blog110925-1.jpg

巣箱から取り出した巣筒。

blog110925-2.jpg

土の詰まっているのが営巣した筒。

うーむ・・・少ない・・・

マメコバチは「土」を部屋のしきりにしてから「花粉」詰めて卵を産みます。

孵化した幼虫は花粉を食べて大きくなり、蛹になって春を待ちます。

この蛹についたダニを取り除くのが今回の任務。


これを割って開いてみるのですが・・・

blog110925-4.jpg

あれ?土と花粉だけ・・・と思いきや・・・

この花粉に見える黄色いのは大量のダニです。

近くで見ると、ウゾウゾうごめいていました。

blog110925-6.jpg

別の筒を割ってみると、ここには蛹がちゃんと入っていましたが、

くっついている黒い粒粒はこれもダニ。

全ての蛹で無事なものはひとつもありませんでした。

よくぞここまで増えたものだと感心するほど、

狭いスペースにダニがぎっしり。

その他にも、

blg110925-5.jpg

関係ない虫が入っていたり・・・

blog110925-8.jpg
blog110925-9.jpg

別のハチが住んでいたり・・・

blog110925-7.jpg

黴びていたり・・・

と散々です。

まだ望みのありそうな蛹を集めて、水をバシャバシャかけて洗います。

blog110925-3.jpg

残った蛹。

除去しきれないダニもついていますが、死んでいれば問題ないでしょう。

このまま箱に入れて来春を待ちます。

巣筒は4年使ったものは処分しているし、新しい巣筒は殺ダニ剤につけてから

使っているにもかかわらず、ここまで増えてしまったのは、

どうやら巣箱に取り付いていたらしい。

なんとかしないといけません。
posted by 鶴岡農園 at 20:40| その他

2011年09月17日

ブラムリーフェア開催中!

今日17日より、飯綱町ではブラムリーフェアが開催中です。

「ブラムリー」ってなんじゃいな?

という方、

ずばり、調理用リンゴのことです。

正式にはブラムリーズシードリングという長い名前がついています。

欧州ではリンゴを調理して食べることは一般的なようで、

イギリスではこのブラムリーがリンゴ生産の半分を占めるのだとか(本当かな?)。

飯綱町ではこのリンゴを町の特産にしようと意気込んでいます。

私達も生産農家です。

といってもこの春に接いだばかりで、まだ収穫はできません。

それに接木の腕が悪いせいか、ほとんど活着せず・・・・

たくさん採れるようになるにはだいぶ時間がかかりそうです。

さて、一応飯綱町公式ホームページへのリンクを貼っておきますが、

取り組みの熱意とは裏腹に、ホームページの記事はとても貧相です。

パンフまでたくさん作るほど入れ込んでいるというのに・・・・

http://www.town.iizuna.nagano.jp/
posted by 鶴岡農園 at 16:59| その他

2011年08月31日

NEWアイテム

私は、草刈りのときには音楽を聴いています。

今まではi-pod shuffle を使っていたのですが、

胸ポケットに入れたまま洗濯してしまう、という大チョンボをやらかしてしまい、あえなくオシャカ・・・

後継機として選んだのがこちらです。

blog110831-1.jpg

sonyのwalkman nwd253。

主にランニングなどでの使用を念頭に開発されたコードレス携帯音楽プレーヤーです。

今までは草刈り中に、コードが枝にからまったりしてわずらわしかったのですが、

これなら大丈夫。

「音が悪い」とか

「音楽プレーヤーとしての性能が貧弱すぎる」とか

「デザイン重視で扱いづらい」

などの批判の声が多く、どれも当たっているのですが、

コードレスの快適性は、それを相殺して余りあります。

大切に使っていこうっと。

ただ、ニーズが少なかったのか、現在では生産中止だそうです。


posted by 鶴岡農園 at 18:44| その他

2011年07月21日

メタボ・下腹ポコンに果物を!

という内容の記事が、「Yahoo! ニュース」に出ていました。

いや、知ってましたよ。

果物食べると太る、というのがウソだということも、ダイエットに適しているということも。

でも一般にはまだ誤解が多いのも事実。

ぜひ、記事を見てみてください。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110627-00000304-shueishaz-ent

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110714-00000001-health-ent
posted by 鶴岡農園 at 11:47| その他

2011年06月27日

農装束

最近、愛用しているのがこれ。

blog110626-1.jpg

地下足袋です。

blog110626-2.jpg

こっちは短いやつ。

普段はこっちで、草刈りや、草の生えていない土の上での作業(トマトなど)
は長い方を使ってます。

足にフィットしているので歩きやすく疲れにくいです。

以前、地面の乾いている時はスニーカーをはいていたけど、

畑には傾斜や細かな凹凸が多いので、たいていすぐ破れてしまいます。

その点、こっちはやわらかいので、なかなか壊れない。

お値段もリーズナブルです。

もともと御柱祭の装束として買ったものですが、

お祭りは7年に一度。

それしか使わないのはもったいないと考え、畑で使ってみたのが始まりです。

いいですよー。

posted by 鶴岡農園 at 05:45| その他

2011年06月16日

ミニキャブについて その4

最低車高が旧タイプより低くなっているので、今までは何でもなかったところでお腹をすることがあります。
轍がへこんでいる道などは、さほど長くない草でもシャラシャラします。

雨の後に、ワイパーの根元やドアミラーなど、黒い部分から、黒い涙がたれてきます。
洗剤で洗えばとれますが、けっこうしつこくたれてきます。

悪い部分についてでした。
タグ:ミニキャブ
posted by 鶴岡農園 at 18:45| その他

2011年06月13日

でかい!

blog110611-1.jpg

ルバーブを少し収穫しました。

株分けして2年目ということで、去年よりだいぶ大きくなりました。

blog1106111-2.jpg

葉っぱはこんなにデカイ!

そろそろ販路開拓を考えなくちゃ。
タグ:ルバーブ
posted by 鶴岡農園 at 05:37| その他

2011年05月13日

今年のルバーブ

blog110513-1.jpg

今年もルバーブが伸びてきました。

この時期は紅い色がきれいに出ていてイケてます。

ただ、株分けから2年目にしては、まだ茎が細い株が目立ちます。

肥料が足りないのだろうか?

blog110513-2.jpg

blog110513-3.jpg

小型のコガネムシのようなムシが大量に発生して、葉っぱを食い荒らします。

ルバーブの葉っぱにはシュウ酸が大量に含まれているので、

人間様は到底食べられたものではないのですが、

「蓼喰う虫も好きずき」

なんですねー。
タグ:ルバーブ
posted by 鶴岡農園 at 20:26| その他

2011年05月09日

ミニキャブについて その3

ミニキャブの燃費を計算しました。

16.6km/ℓでした。

おもに畑との往復(300m〜7kmくらい)に使い、重い荷物はほとんど載せませんでした。

短距離走行が多かったわりに、健闘した数字だと思います。
posted by 鶴岡農園 at 20:47| その他

2011年05月01日

飯綱町特産!山椒大辛味噌

私も会員となっている直売所「さんちゃん」で、

このほど、新商品が発売されました。

その名も

「山椒大辛味噌」

blog110501.jpg

ここで仕込まれた味噌に唐辛子や陳皮を加えた一品。

信州大原万法院の山伏が伝えたという伝統食品です。

私も食べてみましたが、辛味が絶妙です。

昔から、ご飯やお餅につけて食べていたとか。

見かけたときはお試しください。
posted by 鶴岡農園 at 19:07| その他

2011年04月23日

ねずみの不思議

春先はネズミの食害が激しいので、

要所にトラップをしかけておきます。

翌日などに確認に行くのですが、

時折、

blog110423.jpg

こんな風に、穴が埋められていることがあります。

一説には、ネズミは巣の中にいる仲間がみんなやられると、

最後の一匹は穴をふさいで逃げ出すそうです。

利口なのか、馬鹿なのか。

穴がふさがれていれば、その巣の中からはネズミがいなくなったしるし。

そうみなしています。
posted by 鶴岡農園 at 00:00| その他

2011年04月04日

ミニキャブについて その2

・運転席・助手席それぞれ、ドアを開けた足元に「乗降ステップ」なるものが

ついています。

少し低くなっていて、乗り降りの時に足をかけやすいようになっているのですが、

私も相棒も、全然使っていません。ただ、室内でお茶する時(寒い時はよくやる)は、水筒などがおけるかも。


・エンジンが前方についているタイプはエンジン音が「うるさい」といいますが、

気にはなりません。

古い軽トラとしか比較してないので、参考にはなりませんが。

信号待ちなど、アイドリングに入って少しすると、エンジン音がやや落ち着く(音が小さくなる)ので、

「お、省エネしてるね☆」

って気分になれます。


・Vタイプのミニキャブには室内の「グリップ」がついていないのですが、

ダメもとで前のミニキャブのやつを移植してみたら、ぴったりつきました。

blog110405-1.jpg
blog110405-2.jpg

同じメーカーの軽トラとはいえ、17年前のモデルと互換性(っていうのか?)があるとは・・・
恐るべし!

もちろん非難しているのではありません。

共用部品が多いというのはそれだけ無駄がすくないということですから。

ちなみに助手席サンバイザーは移植できませんでした。
タグ:ミニキャブ
posted by 鶴岡農園 at 20:41| その他

2011年04月02日

軽トラの買い替え

軽トラを購入しました。

これまでの軽トラが、去年からエンジントラブルが増えて、また他にもだいぶガタがきていたので、

思い切って新車を導入しました。

blog110401-1.jpg

三菱のミニキャブです。

前車もミニキャブだったので、「三菱ファン」と思われるかもしれませんが、

たまたまです。

ディーラー及び代理店さんの、「安くしておくから買って!!」

の強烈プッシュを受けて決めました。

決算期だとやはり安く手に入るようです。

この町では、圧倒的にホンダ(ACTY)かスバル(sambar)が多く走っていて、

ミニキャブはほとんど見かけないので、少々不安ではありましたが、

最近の軽トラでそれほど性能に大差はないだろうと考えました。

他の人と違う車だと、駐車場でも見つけやすいですし。

blog110401-2.jpg

先代ミニキャブ。

中古で買って5年。就農時からよく頑張ってくれました。


今回、軽トラについて少し勉強してみて、メーカーごとに個性があることを知りました。

「軽トラ研究会」なんてのがあってりして。

私も、これから軽トラ購入を考えている人たちの役にすこしでも立てるように、

このトラックの感想をアップしていきたいと思っています。

この車はセミキャブ(前輪タイヤが前方にある)なので、足元が少し狭いのですが、

私には全く気にならないレベルです。

時計のパネルが小さくて見づらいかな。

後輪タイヤから、かなり後ろまで荷台が突き出しているのが気になります。

ホイールベースを短くして、小回り性能を高めるための設計でしょうが、

後ろまでめいっぱいリンゴコンテナを積んだときにどうなるかですね。


posted by 鶴岡農園 at 06:00| その他

2011年03月20日

SSのお手入れ

わがやのSS(スピードスプレーヤー)も今季の初消毒にむけて、試運転とメンテナンスを行いました。

約4ヶ月のお休みでしたが、エンジンはスムーズにかかって一安心。

エンジンオイルの交換とグリースアップを行いました。

うちにはSSを置いておく倉庫や駐車スペースがない(町内見回しても他にそんな農家はないと思う)ので、

普段は畑にシートをかけておいてあります。

その状態で越冬したのですが、今日は畑がぬかるんでいてとても作業がしづらかったので、

家の前まで持ってきました。

blog110320-2.jpg

機械は得手ではありませんが、最低限のことは自分でやらなくてはなりません。

blog110320-3.jpg

このエンジンオイルは4リットル1700円前後ですが、

今日、農機具屋に行ったら、

「農業用高級エンジンオイイル」といふものが、この5倍近い価格で売っていました。

「誰が買うのだ?!」

と思っていたら、目の前で売れていきました。

うーむ・・・・

たしかに大型農機は高級車並みの値段なので、

それに見合ったオイルを・・・・というのもわからないではありませんが


・・・・・・・・・


ごめんなさい!

私にはそこまでオイルに投資することはできません。

後日、勘違いであったことが判明。そこまで高級なオイルではありませんでした・・・・
posted by 鶴岡農園 at 20:10| その他

2011年03月15日

米粉とリンゴ

庭に生えていたふきのとうを天ぷらにして食べました。

初物です。

ちょっと揚げすぎてしまったけれど、やはりこの時期ならではの美味しさです。

ついでに揚げてみたのがリンゴ。

blog110315.jpg

リンゴに衣をつけて揚げるのはけっこうポピュラーですが、

この衣は普通とはちと違う。

米粉入りなのです。

米粉と小麦粉少し、あとは卵と水だけです。

小麦粉だけのより、軽い食感に仕上がります。

米粉を使った料理をいろいろ見かけるようになりましたが、うちでもよく使っています。

安いものではないので、たくさんは使えませんが、いろんな料理に少し使うと、風味が数段よくなったりします。

昨日はベーコンとキャベツのクリームパスタでしたが

クリームソースは市販のものや、小麦粉とバター・牛乳で作ったものではなく、

バター・牛乳に米粉を加えて作りました。

ともすれば、くどくなりがちなクリームパスタも、あっさりした食べやすい味になります。

ダマにもなりにくいです。



話は変わりますが、普段、TVをあまり見ない私も、さすがに今回の地震のニュースは時々チェックしています。

車や家が流される様子など、すさまじいものでしたが、仕事がら、田んぼや畑が津波に襲われるさまはとりわけショックでした。

まだ田植えはされていないものの、トラクターで耕してある田んぼや、野菜のハウス、畝にトンネルをかけた畑などが、

次々と濁流に飲み込まれていく映像を見て、やりきれない気持ちになりました。

あの田畑はいつか元に戻るのでしょうか。

先日、買ってきた堆肥。

一度出荷に使われた後、再利用された米袋に詰めて持ってくるのですが、袋には「福島産 JAそうま」と書かれていました。

相馬市といえば、被害が大きかった地域のひとつです。

堆肥を空けながら胸が痛みました。


こうして季節に応じた材料で料理したものを食べられること、

月並みですが、当たり前のことをできることが恵まれているのだなぁ、と思わされます。













posted by 鶴岡農園 at 21:46| その他