2011年08月02日

収穫開始なのだ!

加工トマトの収穫が始まりました。

ここのところ天気がイマイチだったので、まだ赤くなっていないだろうと

タカをくくってたら、けっこう赤い!

慌ててとっております。

blog110802-1.jpg

毎年、加工原料トマトは不足しているのですが、今年は福島のトマトが入荷減ということで、

ますます切迫しているようです。

頑張って採ろうっと。
タグ:加工トマト
posted by 鶴岡農園 at 20:35| トマト

2011年07月26日

収穫間近

もうすぐ加工トマトの目揃え会があります。

目揃え会が過ぎれば出荷ができるようになります。

blog110726.jpg

茶色いのは日よけのワラです。

早い時期になった果実は赤くなってきていますが、まだまとまった量がとれる段階ではありません。

加工向けトマトは完熟してから採るので、早採りは禁物です。

だから栄養満点なのさ。
タグ:加工トマト
posted by 鶴岡農園 at 09:29| トマト

2011年07月19日

日焼け防止

夏、農作業に日焼け止めは欠かせません。

「北の国から」の草太兄ちゃんのような、顔と二の腕まで真っ黒というのもワイルドで格好いいと思うけど、

私としてはいかにも

「朝から晩まで農業がんばってます!」

みたいな外見にはなりたくないのです。


それはさておき、

加工トマトにも日焼け止めが必要です。

blog110719-1.jpg

葉っぱの陰にならず、実がむきだしになったところに、ワラをかけていきます。

長野県の日差しの強さはハンパではないので、気を使います。

blog110719-2.jpg

どんどん大きくなれ。
posted by 鶴岡農園 at 11:57| トマト

2011年07月02日

蒸し暑さにもめげず

トマトは元気です。

blog110702-2.jpg

blog110702.jpg

第一花房はだいぶ大きくなってきました。

今日、薬剤散布を行いましたが、この散布から、
追肥として尿素を混ぜています。

0.4%・・・だから250倍です。

昨年は葉面散布に加えて、畝間に肥料をまいたのですが、

どうにも畝間追肥というのは、雨が相当降らなくては効果がないような気がするのです。

雑草を元気にして終わり。

では嫌なので、今年は葉面散布を濃いめにして、これだけでいってみようかと思います。

posted by 鶴岡農園 at 08:35| トマト

2011年06月04日

雨にもマケズ

現在のトマトの様子です。


blog110606-3.jpg

丸一日以上、雨が激しく降り続いた日があって、疫病の発生を心配していました。

消毒を考えたけど、まだ小さな苗で、風通しはいいから大丈夫かな・・・

なんて迷ってて、結局散布しませんでした。

なんとか無事に乗り切ったようです。

この調子で頑張れ!
posted by 鶴岡農園 at 00:00| トマト

2011年05月16日

加工トマトの植え付け

blog110516-1.jpg

昨日、マルチを張った畑に早速トマトを植え付けました

去年は土が乾いていたうえに、くそ暑かったので、植えた苗がみんな

「ヘタ・・・・・・」

としなびていましたが、今年は最初っからほとんどの苗が立っています。

植え付け後の潅水の必要がなくて楽ですが、

トマトはあまり活着が良すぎると、初期生育が旺盛になって

実どまりが悪くなることがあるので、逆に少し心配です。

blog110516-2.jpg


畝のほとんどは生分解性マルチを張り、一部だけ余っていた普通マルチを張ったのですが、

生分解の方が、柔軟性があり、ピタッ!と畝に張りつくようにキレイに仕上がっています。





posted by 鶴岡農園 at 00:00| トマト

2011年05月15日

加工トマトのマルチ張り

今日は加工トマトのマルチ張り。

耕運した後、雨が続いてなかなか作業ができず、ヤキモキしていたけど、

今は水分状態がよく、風も弱くて、マルチ張り日和でした。

昨年はリンゴの抜根直後の耕運が不十分で、ゴロ土が多く、その後の栽培に大変苦労したので、

その反省を踏まえて、今回は丁寧に耕しておきました。

その甲斐あって、作業はスムーズにすすみました。

blog110515-1.jpg

畝幅を広めにとっています。

今年は初めて生分解性マルチを使いました。

植物由来(トウモロコシ)の成分でできていて、やがて分解されて土に帰るというシロモノです。

普通のマルチと違い、石油由来ではないので省資源であることと、ゴミにならないことで

環境に優しいとされています。

もっとも、原料のトウモロコシを作るのにも、精製するのにもエネルギーは使われているので、

環境負荷の低減にホントに役立っているかは「?」です。

値段も張りますが、トマトのマルチはがしは、草が生えてしまうとハンパなく大変なので、

それがないことと、廃マルチの処分料を考慮すると、こちらの方がお得かも知れません。

以前に較べれば随分丈夫になってようで、マルチを張っている段階では問題なく作業できました。

最終的な評価は栽培が終わってみての判断になります。


posted by 鶴岡農園 at 00:00| トマト

2011年04月13日

今年こそ・・・

今日は風は強いものの、気持ちのよいお天気でした。

昨日は寒かったからねー。

ときどき焚き火にあたりながら摘蕾をしていたくらいです。


さて、今年も加工用トマトを作付けすることになりました。

植え付けは5月の中旬ですが、この時期に一回荒起こしをしておくことにしました。

ほっとくと、5月には草ボーボーになって、耕しにくくなりそうだからです。

去年はリンゴ園を廃園にした直後で、耕運不十分だったため、序盤にえらい苦労したので、

今年は丁寧に耕すことにします。

blog110413-2.jpg

コックピット(?)からの撮影。

トラクターはお借りしています。

なにせ一年に2〜3回しか使わないから。


耕していると、掘り出された虫達を求めて、

いろんな鳥がやってきます。

最初はカラスばかりでしたが、

そのうち、白鶺鴒(ハクサキレイ)や百舌(モズ)もやってきました。

blog110413-1.jpg

セキレイちゃん。

運転中に撮ったので、ピンボケしてます。

危ないマネはやめましょうね。

いつもエサをあさりにくるムクドリの群れは

今日は来ませんでした。


ところで、加工トマトといえば、

カゴメ鰍ェ、3年後にジュース用の原料トマトをすべて国産に置きかえるそうです。

ありがたいお話ですが、

企業がやる気でも、はたして作る人がいるだろうか?

収穫が特にキツイ作物ですからね。

うまく実現するとよいと願います。
posted by 鶴岡農園 at 19:19| トマト

2010年08月17日

収穫がはかどらない

blog100816.jpg
 
最近、高温に対応して、汗腺が開いてきてるのかなぁ・・なんて感じてます。
 
やたら汗が出るのですよね。
 
汗でシャツが濡れると、通気性が悪くなって余計熱がこもることになります。
 
曇っている日はとくに蒸すので、上半身裸・・・という最終手段に訴えますが、
そうすると雑草がチクチクしてツライし、気づかないうちに虫に刺されていたりします。
 
なんにしても作業がはかどらないこの頃。
 
 
posted by 鶴岡農園 at 19:48| トマト

2010年08月06日

想定外

これからは朝、桃
 
夕方、トマト
 
というスタイルが続く予定です。
 
blog100806-4.jpg
 
すでにどこが畝でどこが通路だかもわからない状況。
 
こんなハズじゃなかったのに・・・・
 
blog100806-3.jpg
 
それでもトマトはちゃんと生っているのだ!
posted by 鶴岡農園 at 19:05| トマト

2010年07月26日

そろそろです。

blog100726-2.jpg
 
今月末にはトマトの出荷目揃え会(実際の収穫物を見ながら出荷基準を確認する)が行われます。収穫時期が近づいてまいりました。
 
ところどころ茶色くなっているのはワラです。
 
葉っぱからはみ出て、直射日光にさらされるトマトを日焼けから守るためにワラをかけるのです。
 
たかが加工トマト、されど加工トマトであります。
 
blog100726-1.jpg
 
赤くなっているのもちらほら。
 
スーパーで見かける生食用のトマトはまだ青いうちに収穫して、追熟で赤くするケースがほとんどですが、
加工トマトはリコピンを主とした栄養価が命なので、ちゃんと赤くなってから採ります。
 
blog100726-3.jpg
 
これは違う品種。
 
ちょっと縦長。
 
 
今日は午後雷雨がありました。
 
梅雨明けからしばらく雨が降っていなくて、「そろそろヤバイんでないか?」
 
とヤキモキしていたので、救われた気分です。
 
10mmも降らなかったけど、それでもないよりマシですから。
 
 
 
 
 
posted by 鶴岡農園 at 20:56| トマト

2010年07月07日

雹の襲来

そういえば降ったんですよ。
 
雹(ひょう)
 
2日だったでしょうか。
午後、急に激しく振り出した雨が一瞬だけ雹になったのです。
 
そのときは家にいて、バラバラッと来たのに気づいたのですが、すぐに雨に戻ったので、それほど気にはしなかったのです。
 
その後、リンゴ園に行っても、特に異常はなかったので、忘れていたのですが
今日トマト畑に行ってみたら、こっちは被害が出ていたのです。
 
 
雹はかなり地域限定的に降るものなのですが、トマト畑周辺はグラウンドゼロだったようです。
 
お隣の方のリンゴ園の「つがる」はかなりやられたようです。
 
blog100707-1.jpg
 
雹で穴が開いたトマトの葉。
 
blog100707-2.jpg
 
畑の隅にあるプルーンにもかすめた跡が。
 
 
トマトの実はだいたい葉に覆われているから、さほどやられなかったようです。
 
もともと加工向けだから少しばかりの傷は出荷には影響しないのですが、
 
葉っぱや茎が傷つくと、そこから病原菌が入って病害が広がるから困るのです。
 
 
 
posted by 鶴岡農園 at 00:00| トマト

2010年07月02日

茂るトマト

blog100702-1.jpg
雨続きで高温
という病害多発必至の状況ですので、観察に行きました。
今のところまだ病害は出ていないようです。
トマトで心配なのはやはり疫病
油断していればあっという間に畑が壊滅するといわれています。
恐ろしや・・・・
blog100702-2.jpg
茂みの中をのぞくと、しっかり育っています。
7月下旬から収穫できるか?
posted by 鶴岡農園 at 21:06| トマト

2010年05月29日

ひと安心^o^=3

blog100529.jpg
 
加工トマトは無事根付いたようです。
 
土が粗かったせいで、最初調子がイマイチだったのですが、
 
「土入れ」をしたら復活しました。
 
トマトは根付くことに関しては、もともと恐ろしくタフな作物なので、
 
なんとかなるとは思っていたけれど、でもちょっと心配だったのです。
 
気温が上がってくれば一気に大きくなってくるでしょう。
posted by 鶴岡農園 at 19:50| トマト

2010年05月16日

波乱含みのトマト植え

加工トマトを植えつけました。
 
実はこの畑は去年までリンゴ園だった場所。
 
リンゴの樹の高齢化に伴い、廃園にしたところに、今年はトマトを植えました。
 
20年間くらい一度も耕されることのなかった畑なので、何度か耕運したのですが十分に土が細かくならず、ゴロゴロ土がだいぶ残っています。
 
おかげでマルチは剥がれやすいわ植えづらいわで、反省しきりの出だしとなってしまいました。
 
blog100516-3.jpg
blog100516-4.jpg
 
それでもなんとか予定していた1700本を植えつけました。
 
そこそこ涼しい日で良かった(;^o^)=3
 
 
blog100516-1.jpg
 
蛇!!
 
 
 
 
 
 blog100516-2.jpg
 
ではなくてトカゲです。
 
近づくとびっくりして、用水に勝手に飛び込んで流されていきました。
 
私のせいではありません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 鶴岡農園 at 21:07| トマト

2010年05月10日

加工トマト再び!

長野県が全国1の生産量を誇る加工向けトマト。
 
今年はうちでも作ります。
 
二年ぶり 3度目の挑戦です。
 
本来、トマトは桃と収穫時期がかぶるので、一度やめたのですが、
 
桃の改植にともなって、現在桃の収量がだいぶ減ってしまい、その穴を埋めるためにお呼びとなったわけです。
 
昨今、農産物はどれも供給過剰気味で値崩れすることが多くなってます。
 
値崩れするということは、消費者に「求められていない」ということで、
 
これは作る側としてはけっこうムナシイものです。
 
ところが加工トマトは、国産にこだわるメーカーのありがた〜い姿勢もあって、
この時代にあって供給不足。
 
「誰か作ってくれないか!」
 
と探しているくらいなのです。
 
もともとがそんなに値段の高いものではありませんが、
 
「必要とされている」ということはモチベーションを高めるうえで重要です。
 
「よっし!がんばろう」
 
という気持ちにもなります。
 
求められているのに生産者が減っているというのは、もちろん理由があるのですが・・・
 
それはおいおい話します。
 
blog100510.jpg
 
マルチを張ります。
 
農協から借りたマルチャー。
前回使ったのよりピカピカしてる・・・!
 
と思ったら、2年前に買い換えたということです。
 
うむ、新車である!
posted by 鶴岡農園 at 00:00| トマト