2011年11月22日

収穫続く

blog111122-3.jpg

「ふじ」の収穫が続いています。

「より熟したりんごをお届けしたい!」

という想いで、選びながら収穫していきます。

一挙収穫の方が楽なのですが、ここは譲れないところです。

収穫しながら、残す実も様子を見ながら裏返したりします。


この時期、飯綱町はりんごをお求めのお客様で賑わいます。

先週末も、天気に恵まれなかったにもかかわらず多くのお客様が各直売所やイベント会場に訪れました。

感謝感謝です。

blog111122-1.jpg
posted by 鶴岡農園 at 19:33| 林檎

2011年11月16日

ふじの蜜入り

blog111116-1.jpg

「ふじ」の収穫を始めるまで一度も霜が降りなかったことは、
就農以来なかったことです。

でもご覧のとおり蜜は入っているし、おいしいです揺れるハート

「霜にあたるとリンゴはおいしくなる」なんて

聞いたことあるけど、あまり関係ないのかも。

去年は蜜入りが少なくて、お客様に申し訳ありませんでしたが、

今年は大丈夫そうです。
posted by 鶴岡農園 at 18:10| 林檎

2011年11月15日

「ふじ」の収穫開始!

辛抱していた「ふじ」の収穫を始めました。

熟した果実から採っていますが、正直なところこれでもまだ少し早いかもしれません。

しかしながら、ボチボチ収穫していかないと収穫が間に合わなくなってしまいます。

今週天気悪そうだし。

幸い蜜入りは上々のようです。

blog111115-2.jpg

blog111115-1.jpg

順次発送していきますので、お待ちくださいませ。
posted by 鶴岡農園 at 17:43| 林檎

2011年11月10日

ふじの収穫はもう少し

巷ではもう「ふじ」が出回っているので、
お客さんから「まだ?」という催促をうけますが、
もう少しお待ちください。

この辺りはリンゴ産地の中でも比較的標高の高い地域。
だから美味しいのですが、
収穫までには時間がかかります。

それに食味重視となると、やはり完熟まで待ちたいところ。
今年は冷え込みが遅れているので、例年よりもさらに遅くなるかもしれません。

申し訳ありませんが、もう少々お待ちくださいませ。
posted by 鶴岡農園 at 18:41| 林檎

新たな桃畑へ

今年、そばの栽培を委託した畑にあらためて桃を植えるべく、植え穴を掘りました。

blog111110-1.jpg

そばの刈り跡。
なかなか刈ってもらえなくてヤキモキしていましたが、無事収穫されました。

blog111110-5.jpg

そばによる土壌改良も期待しましたが、そばって根張りが浅いのですね。

これっぱかしでは「根耕」にはなりませんね。

blog111110-4.jpg

基本、粘土質のこの畑。

山を削って開いた畑だけに、場所によって土質はだいぶ違いますが、
ひどいところは表面から15cm以上の深さはガチガチの粘土だったりします。

通気性を好む桃の樹にははっきりいって不都合ですが、
だからといって逃げるわけにはいきません。

通常、思い切った土壌改良には「天地返し」などといって、深いところの土と表面の土をひっくり返して入れ替える方法がありますが、
この辺でそれをやると、重粘土が表に出てきて、面白くないことになります。
有機物を深くまで投入するのもなかなか難しい。

結局、ごまかしながらやっていくしかないわけです。
なんつったって「丹霞郷」だから。

blog111110-2.jpg

せめて植え穴だけでも・・・と、

重粘土部分は取り除き、

表層の土に、苦土石灰やらもみがらクン炭やら堆肥やら過燐酸石灰やらを混ぜ込みます。

一度掘り返しておけば、後で植えるときにかなり楽になります。

blog111110-3.jpg

たかだか20本分の穴を掘るのにけっこう時間を食いました。

植え付けは12月の予定です。




タグ:桃 新植
posted by 鶴岡農園 at 18:38|

2011年11月04日

車のヒューズが切れた

ワゴンRのメインヒューズが切れて、電気が通らなくなってしまったのを直しました。

農業とは関係ありませんが、どなたかのお役に立つことがあるかもしれないので書いておきます。

私も機械トラブルのときはよくネット情報を参照するので。

ヒューズが切れた原因はバッテリーの交換のときに間違えて+−を逆につけたことと思われます(バカですね)。

中古ヒューズを車屋さんで手に入れて交換したら、無事復活しました。

最初は通電しない原因がわからず、バッテリーの購入元に電話したりしちゃいました。

ワゴンR メインヒューズ

メインヒュースボックスは画像の位置にありました。
細かい電装系統のヒューズボックスはハンドル右下の足元です。

ワゴンR メインヒューズ

カバーを外したところです。

blog111104-3.jpg

こんなんです。70A。

blog111104-4.jpg

このとおり、切れています。

バッテリー交換の時に慎重にやっていれば余計な時間をとられずに済んだのに・・・


posted by 鶴岡農園 at 17:33| その他

2011年11月02日

シナノゴールド

PB020004.JPG

シナノゴールドで色づきのよいものを収穫しました。

「ゴールドはふじの後に採る」

という人もいます。

その方が甘みは強くなりますが、ゴールドはあまり採るのが遅くなると、

「割れる」「落ちる」「やわらかくなって輸送中に痛む」というリスクがあるので、

うちは早めに採りました。

酸味が強めの方がよりゴールドらしいとも思います。

日持ちもしますし。
posted by 鶴岡農園 at 19:26| 林檎

2011年10月31日

11月の気象予報

リンゴに満遍なく陽を当てる玉回し作業を行っています。

blog111031-1.jpg

ぐりん!っと

blog111031-2.jpg

明日から11月ですね。

平年よりだいぶ高い気温で推移しそうだという予報が出ていて、

これが「ふじ」の着色や味ののりかたにどんな影響をあたえるかちょっと不安です。
posted by 鶴岡農園 at 19:55| 林檎

2011年10月29日

一年間お疲れ様

blog111029-1.jpg

一年間、故障もなく働いてくれたスピードスプレーヤー「みかんちゃん」。
(みかんは作っていません。)

タンク内と全体を洗い、水の通る部分に不凍液を流して、冬ごもりの準備完了です。

あ、燃料も満タンにしなくちゃ。
posted by 鶴岡農園 at 17:40| その他

2011年10月27日

モミガラクン炭

blog111027-1.jpg

「葉摘み」はひと段落。
最初に葉摘みした園地の玉回しを行いました。

この地区、去年のふじは全体的にかなり小さかったので、今年は期待しましたが、
残念ながらまたしても小玉傾向のようです。

うちは着果量をしぼっているので、まだなんとか大きいものもありますが、
多く生らせた園地はかなり小さいようです。

しかも、途中で生長を止めてしまったような超小玉が目につきます。
うちだけかと思ったら、これまた地域的な症状のようです。
本摘果までは大丈夫だったのに・・・


blog111027-2.jpg

玉回しと平行して、モミガラクン炭づくりを行いました。

blog111027-3.jpg

いつも、モミガラがくすぶり続けて、灰になってしまう割合が多いので、
今年はしっかり水をかけて鎮火しました。

空気を遮断できるドラム缶などがあるとよいのですが、
うちは装備していません。
ので、水頼みです。

blog111027-4.jpg

上手にできました揺れるハート
posted by 鶴岡農園 at 19:08| その他