2011年10月22日

スイートの収穫

シナノスイートを収穫しました。

一挙に全部収穫するいわゆる「総採り」です。

blog111021-2.jpg

日当たりがよかったので、あまり色むらがありませんでした。
ともかく後味があまーい!です。

ご注文のお客様にはすぐに発送いたします。
もう少々お待ちください。

blog111021-1.jpg

こちらは「ぐんま名月」。

ほんのり赤く色づく青リンゴ。

収穫期は11月です。

蜜が入ることと、その甘さからひそかな人気リンゴです。

名前のとおり群馬県で開発された品種です。

こちらでは「わざわざ他県の名前を入れることはない」とばかりに

「名月」のみで出している人も多いのですが、

私は「ぐんま名月」の方が語呂がよくて好きです。

平仮名にしてしまったのが残念。
posted by 鶴岡農園 at 17:50| 林檎

2011年10月17日

もうじき・・・なスイート

blog111017-1.jpg

すでに市場には出回っているシナノスイートですが、
当園ではもう少し待ちたいと思います。

けっこう紅いです。

blog111017-2.jpg

猫、樹上を走る!

落ちるな!
posted by 鶴岡農園 at 17:58| 林檎

2011年10月13日

「秋」であります。

秋のメインの仕事はリンゴの葉摘み。

blog111013-1.jpg

地道に行います。

秋の夕暮れ。
リンゴ園から望む飯綱山。

blog111013-2.jpg

そして「秋映」

blog111013-3.jpg

黒い!!

この凶悪な赤黒さが秋映の魅力なのです。

目立つから。

もちろん味もよいです。

サビが出やすいのが欠点ですが、その欠点さえ特徴に変えてしまう図太さがあります。
タグ:秋映
posted by 鶴岡農園 at 19:18| 林檎

2011年10月10日

ぼちぼち葉摘みを・・・

葉っぱは光合成を担う重要な機関。

だからギリギリまで葉摘みはしない方針です。

そうすると10月上旬はわりと暇になるので、他の農家さんの手伝いに行っています。

「ふじ」などの晩生種がたくさんある農家は10月に入るか入らないかのうちに葉摘みを始めます。

そっちを手伝ってからうちのを・・・

を思うのですが、

やはり他のリンゴ園が続々葉っぱとっているのを見るとやや焦ります。

今日は少し時間があったので、ボチボチとうちのも始めました。

blog111010.jpg

あまり遅いと今度は着色が間に合わなくなります。

それに最終的には全面を日光に当てた方がおいしくなる、というのが持論です。

だから「葉取らずリンゴの方が美味しい」という意見には懐疑的・・・
posted by 鶴岡農園 at 21:13| 林檎

2011年10月04日

初冠雪

先日の猫です。

blog111002.jpg

昨年までよく遊びにきていた猫は、しばらく姿を見せないと思っていたら、

事故死したそうです。

さびしく思っていたのですが、あたらしい友達が来て嬉しいです。

blog111003.jpg

3日の写真です。

妙高山(写真)と戸隠山が雪化粧。

初冠雪と思われます。

この日は気温があまり上がらず、夕方まで雪が残っていました。
posted by 鶴岡農園 at 00:00| 林檎

2011年10月03日

新しいお友達?

blog111002-1.jpg

ぎりぎりまで「ふじ」の葉摘みは待ちます。


今日、猫がリンゴ園に遊びに来ました。

写真をアップしようとしたのですが、なぜか取り込めなかったので、また次回。

残念・・・
posted by 鶴岡農園 at 09:37| 林檎

2011年09月26日

蔓延とまらず

blog110926-1.jpg

だいぶ赤くなってきました。
シナノスイート

しかし・・・

blog110926-2.jpg

病害の蔓延はまだ止まっていませんでした。

先日は病害名を「斑点落葉病」と書きましたが、

「炭そ病」のようです。

失礼しました。

2次感染力のとても強い病原菌なので厄介です。

blog1109026-3.jpg

伝染を防ぐために土中に埋めます。

何度も埋めて、本摘果からさらに4割くらい減ってしまいました。
posted by 鶴岡農園 at 21:28| 林檎

2011年09月25日

マメコバチのダニ除去

この記事には、人によってはかなりグロテスクに感じられる画像も含まれます。

食事が喉を通らなくなる危険性がありますので、弱い方は読まないでください。













この春、花の時期に飛んでいたマメコバチに多くのダニがたかっていたので、

ここいらでダニを除去してやることにしました。


blog110925-1.jpg

巣箱から取り出した巣筒。

blog110925-2.jpg

土の詰まっているのが営巣した筒。

うーむ・・・少ない・・・

マメコバチは「土」を部屋のしきりにしてから「花粉」詰めて卵を産みます。

孵化した幼虫は花粉を食べて大きくなり、蛹になって春を待ちます。

この蛹についたダニを取り除くのが今回の任務。


これを割って開いてみるのですが・・・

blog110925-4.jpg

あれ?土と花粉だけ・・・と思いきや・・・

この花粉に見える黄色いのは大量のダニです。

近くで見ると、ウゾウゾうごめいていました。

blog110925-6.jpg

別の筒を割ってみると、ここには蛹がちゃんと入っていましたが、

くっついている黒い粒粒はこれもダニ。

全ての蛹で無事なものはひとつもありませんでした。

よくぞここまで増えたものだと感心するほど、

狭いスペースにダニがぎっしり。

その他にも、

blg110925-5.jpg

関係ない虫が入っていたり・・・

blog110925-8.jpg
blog110925-9.jpg

別のハチが住んでいたり・・・

blog110925-7.jpg

黴びていたり・・・

と散々です。

まだ望みのありそうな蛹を集めて、水をバシャバシャかけて洗います。

blog110925-3.jpg

残った蛹。

除去しきれないダニもついていますが、死んでいれば問題ないでしょう。

このまま箱に入れて来春を待ちます。

巣筒は4年使ったものは処分しているし、新しい巣筒は殺ダニ剤につけてから

使っているにもかかわらず、ここまで増えてしまったのは、

どうやら巣箱に取り付いていたらしい。

なんとかしないといけません。
posted by 鶴岡農園 at 20:40| その他

2011年09月20日

シナノスイートの葉摘み

長野県でも、昨夜から台風の影響による雨が降り続いています。

今日はシナノスイートの葉摘み作業を行いました。

それほどたくさんあるわけではないので、

こんな雨の日にやらなくてもよさそうなものですが、

果実に密着する葉っぱをとってしまったほうが、

降雨による病害が減るのではないかとの狙いもありました。

blog110920.jpg

猛威をふるう斑点落葉病のせいで、だいぶ果実の数が減ってしまいました。

これ以上は勘弁してほしいです。

posted by 鶴岡農園 at 17:45| 林檎

2011年09月19日

新設備

blog110919.jpg

物置を処分したいという人がいたので、譲ってもらい、桃園の隅に建てました。

家から少し離れた園地で、道具や資材などストックしておく場所が欲しかったので、よい機会でした。

せっかくなので塗装しなおしました。

自己主張しすぎ?
posted by 鶴岡農園 at 18:35|